【即日カードローン】他社借り入れがある場合の確認事項

本当に申し込みが必要か考える

すでに他社借り入れがある状態で、新たに即日カードローンの利用を検討しているということは、根本的な収支バランスが崩れてしまっている可能性が非常に高いと言えます。初めて即日カードローンを利用した理由は様々でしょうし、その必要性が非常に高い状況で利用した人もいれば、それほど必要性がない状況で利用したという人もいます。しかし、どんな状況であれ即日カードローンを利用し、更に新しい借り入れを検討するということは十分に危険な状態に追い込まれているということです。

そこで、まず最初の確認事項としては「本当に新しい借り入れが必要なのか」を冷静に判断することが必要になります。例えば、返済が苦しくて新たな借り入れをして乗り切ろうと考えている場合、確かにその瞬間は返済に充てる余力が出来るので良いように思うかもしれませんが、結局は債務は減っていないという状況であるため根本的な解決にはなっていないという事を理解してください。また、他社借り入れ返済中にのっぴきならない事情で資金が必要になったという場合、必要性が高いので致し方無いと思いがちです。しかし、すでに他社借り入れがあるという状況を鑑みると「親や友人などから借りる」という選択肢の方が遥かに賢明と言えるため、恥を忍んで頭を下げるという選択も辞さないという意識が大切です。

他社借り入れ金額の収入に対する割合を把握する

他社借り入れがある状態で即日カードローンを申し込む場合、「現状の収入に対して借入金額の割合」が審査において非常に重要なポイントになってきます。その為、事前に確実な金額をもって割合を算出することが重要な確認事項です。

特に「総量規制」の影響下にある即日カードローンを申し込む場合、その割合によってはどうあがいても審査通過が無理になってしまう状況も考えられます。他社借り入れが年収に対して1/3に達している場合、総量規制対象の即日カードローンは「法的に」融資を行うことが出来ない状況になってしまい、申し込みが徒労に終わってしまう事になります。事前の確認事項として割合を把握し、制限に近いようであれば「総量規制対象外」の即日カードローンに申し込むという事が必須となるため、改めて素量規制対象外のものを探してください。

ただし、すでに総量規制の対象になるほど借り入れがあるという状況は一般的に言って「返済余力の限界に達している」と言えます。近い将来に昇進や昇給などが確実であるという事であればまだしも、状況の変化に期待が持てないような状態では新たな借り入れは非常に危険なため、金利の発生しない方法で借り入れをすることも検討した方が良いでしょう。

審査通過の可能性をチェックすることは大切な確認事項

先に説明した通り、他社借り入れ金額によっては審査云々ではなく新たな借り入れが出来ない状況になることがあります。その為、事前の確認事項として自分の状況を正確に把握するという事をおすすめしているわけですが、これは直接「審査通過の可能性」にも影響を与えます。

根本的な仕組みとして、銀行や消費者金融などを始めとする即日カードローンを提供している貸金業者などは、「返ってくる保証(期待)」が持てる人にしかお金を貸してはくれないため、規制上限付近にあるような人に対しては「返済能力無し」と判断する傾向が非常に強くあります。総量規制対象外であれば年収以上の借り入れも可能とは言え、実質的には総量規制が一つのボーダーラインになっていることも事実です。つまり、そのラインを超えた借り入れをすること自体が非常に難しいと言えるわけです。

しかし、中にはそのような状態であっても即日カードローンを利用できる業者は存在しています。正規の貸金業者の中でそういった可能性の高いところを選んで申込みをするという事は非常に重要で、審査を通過できなかった場合に起こり得る「申し込みブラック」に陥る可能性を減らすことが出来ます。その為には、事前に申し込み先の審査の難易度を調べて比較するという事が大切な確認事項です。

実現可能な返済プランを構築する

状況によっても変わってきますが、他社借り入れへの返済のために新しく即日カードローンの申し込みをしたいという状況にある人は、そもそも実現不可能な返済プランとなっている可能性が高いと言えます。そのままの状態を継続していってはいずれ破たんしてしまう可能性は高いですので、より実現可能な返済プランの構築に努めることが必要です。

他社借り入れを減らす(借り入れ自体を減らしていく)という事が最も確実とはいえ、すぐに対応できない可能性も高いので、まずは「返済の減額を申し出る」という事も有効な方法です。基本的に認められる可能性はそれほど高くはないとはいえ、月々の返済金額の減額や金利の割引などの措置を受けられる可能性はあります。その分、返済期間が長くなってしまう可能性はあるにせよ、新たな借り入れによって負債自体が増えていくリスクを回避することが出来るうえ、月々の収支バランスも改善させることが出来れば状況は大幅に好転していきます。

確実に完済を目指すという意思を伝えることが出来れば申し出が受理される可能性は高くなりますので、自分の状況を説明しつつ具体的な返済プランを提案出来るような準備をしておくと良いでしょう。

どうしても今すぐ必要な人は即日発行のキャッシング情報を参考にどうぞ!